おいしさの科学研究所
受託試験及び評価事例

一般社団法人おいしさの科学研究所
受託研究の手引き

味、香り、テクスチャーなどの測定機および官能検査等を用いて、食品(生鮮、加工を問わない)、または調理器具・製造機械などに関し、食品のおいしさを総合的に評価するなど、おいしさの科学研究所が試験・研究を受託するときは以下による。 

  1. 依頼者が、文書により一般社団法人おいしさの科学研究所(以下研究所)に、試験・研究の申し込みを行う。
  2.  試験・研究の内容につき、研究所と依頼者とで打合せをする。
  3.  2.)の結果に従い、研究所が企画書および経費の見積書を依頼者に提出する。依頼者がこれを認めた時点で、研究所は依頼者に経費を請求する。必要であれば、両者の間で秘密保持契約を締結する。
  4.  依頼者は、経費を研究所の指定銀行口座に入金する。
  5.  4.)の手続の終了後、研究所は受託研究を開始し、約束の期間内に結果の報告書を依頼者に提出する。

受託研究見積依頼書はこちら

受託研究申込書はこちら

 

プリンタ用画面

(財)日本食品分析センター 株式会社山電 Designer Food Best Solution
最先端科学のリバネス 三化理化器械株式会社